©SINCE1996

             竹ノ内商事 

検索
  • 竹ノ内 博幸

0円の部品に10万円の運賃を払う会社さまのお話。

日本最大級のネット通販(EC)モール楽天が

一定の金額を購入すると送料無料になる

という方針を打ち出し話題になってますね。


消費者としては送料無料は魅力。


同じ商品が同じ値段なら

送料無料のサイトを選ぶのは当たり前。


ましてや千円の商品に1万円の運賃を払う

そんな人はいないでしょう。




ですが弊社はちょっと違います。


ある日、巨大な工場の研究室から

お荷物を預かりました。


縦横40センチ、高さ60センチ

くらいの段ボール箱。


中は見えませんが何かの部品。


それを助手席に乗せてベルトで止め

『絶対に横にしないで運んでほしい』

とのことでした。


お届け先は800キロほど離れた工場。


翌朝8時から試験がはじまり

それが終わったら廃棄するのだそうです。


つまりその部品の価値は0円。




その荷物の運賃は高速込みで

約10万円いただきました。


弊社の車は

『0円の部品に10万円の運賃を払う』

こういう会社さまにご利用いただいてます。



0回の閲覧